ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

千切りキャベツと人参に分葱のバルサミコ酢浅漬けその他

f:id:ricohoney:20180217030714j:plain

 

 

近所の精肉店の生ソーセージ、マッシュポテト、クミン風味チェダーチーズ入り平パン、野菜のバルサミコ酢浅漬け。そして、ホウレン草のトマトスープ。そんな夕食だった日のこと。

 

 

キャベツと人参の千切り。そこに少しの分葱。

 

f:id:ricohoney:20180217030732j:plain

 

ぱらっと塩、どっさりバルサミコ酢。よく混ぜ合わせて、食事時まで冷蔵庫へ。キャベツと人参の合わせに少しの分葱、それをバルサミコ酢でまとめる。この合わせがすごくいいんだ。

 

f:id:ricohoney:20180217030747j:plain

 

近所の精肉店で作られている生ソーセージ。質のわりにずいぶんと安いと感じる、私にとってはかなりの満足品。今回は、岩塩と黒胡椒のを選んだ。

 

f:id:ricohoney:20180217030804j:plain

 

ジャガ芋を電子レンジで加熱してから皮を剥き、ぱらっと少量の塩を振り入れ、無塩バターをたっくさん混ぜながらつぶす。粗くていいのだがほとんどつぶしたら、どっさり牛乳を注ぎ入れる。そしてまたよく混ぜて仕上げる。

 

f:id:ricohoney:20180217030823j:plain

 

そこにフライパンで焼いたクミン風味チェダーチーズ入りの平パンを添えて。

 

f:id:ricohoney:20180217030840j:plain

 

 

フライパンで焼くクミン風味チェダーチーズ入り平パンの作り方は、明日の記事で。

 

 

キヌア混ぜ白米にスモーク豚ピクニックで焼き飯

f:id:ricohoney:20180216053339j:plain

 

 

スモーク加工された豚ピクニック(上腕部)を風味と具の導き役として、焼き飯とする。

前記事『鰹節と干し海老にハムの出汁で始めて調味しない白菜と豆スープ』でも、豚ピクニックを使っている。それは?と関心があれば、前述以外にこの記事『スモーク豚肉とパセリのサンドイッチとアーモンドミルクの昼食』へも。切り分け~保存過程の写真あり。 ↓

 

ricohoney.hatenablog.com

 

 

白米にキノア(キヌア)を混ぜて炊いておく。

 

f:id:ricohoney:20180216053357j:plain

 

スモーク加工の豚ピクニックを適当に小さく刻んで、分葱もそのように。フライパンを火にかけ、溶け滲み出てくる脂を利用して炒める。

 

f:id:ricohoney:20180216053419j:plain

 

すっかり溶け滲み出た脂に分葱の風味が絡んだら、マッシュルームとブロッコリーを加える。ブロッコリーは細かく刻み、その青い持ち味が全体に行き渡るようにする。

これで味はほとんど決まった。各素材の持ち味の混ざり具合から相当によくできた風味を齎している。

 

f:id:ricohoney:20180216053453j:plain

 

キノアを混ぜた白米が炊き上がった。どぉーんとフライパンのほうへ入れよう。

 

f:id:ricohoney:20180216053508j:plain

 

火を弱めて、醤油をひと垂らし(~好きなだけ適量)して、全体を混ぜ合わせる。混ざったと見たら強火にして、ざざっと炒めて出来上がり。

 

f:id:ricohoney:20180216053528j:plain

 

ここに生の青さを加味したくて、パセリをちぎり散らす。

 

f:id:ricohoney:20180216053544j:plain

 

 

 

ricohoney.hatenablog.com

 

 

スモーク加工してない生の豚ピクニックからは、スープカレー(スパイス煮込み)を作っている。 ↓

 

ricohoney.hatenablog.com

 

鰹節と干し海老にハムの出汁で始めて調味しない白菜と豆スープ

f:id:ricohoney:20180215032006j:plain

 

 

鰹節と干し海老が前面に出ている仕上がりのスープ。鰹節と干し海老に、骨付き豚ピクニック(上腕部)のハム(スモーク加工)を加えて出汁とする。

その他に具として、緑レンズ豆、ブロッコリーの茎、分葱、白菜、ジャガ芋、豚挽き肉。と、こうして各素材からそれぞれの持ち味が加わる。するとどうだ、調味などしないでも十分に味がまとまっているではないか。塩さえも要らないのだ。

 

 

鰹節、干し海老。乾物の緑レンズ豆は水に浸して戻しておく。

 

f:id:ricohoney:20180215032034j:plain

 

骨付き豚ピクニック(上腕部)を鍋に入れて茹で始める。

 

f:id:ricohoney:20180215032055j:plain

 

ピクニック?とは、この記事『スモーク豚肉とパセリのサンドイッチとアーモンドミルクの昼食』で。 ↓

 

ricohoney.hatenablog.com

 

 

豚ピクニックを茹でているところに、鰹節、干し海老、分葱、ブロッコリーの茎、緑レンズ豆、それらを放り込んで煮る。鰹節や干し海老は出汁を取るに終わらず、こうしてどっさり放り込んで具としても食べる。

 

f:id:ricohoney:20180215032122j:plain

 

白菜、ジャガ芋。それらを加え入れて、さらに煮る。ここで豚ピクニックを取り出して、骨を外し、細かく刻む。

 

f:id:ricohoney:20180215032144j:plain

 

刻んだ豚ピクニック、無造作に丸めた豚挽き肉団子、それらを加え入れて火が通ったら出来上がり。

 

f:id:ricohoney:20180215032202j:plain

 

スモーク加工の豚ピクニックには塩分が含まれているけれど、この調理過程では出汁に頼って任せて、一切調味をしていない。それでもかそれだからかすごく深い味だよ。

 

f:id:ricohoney:20180215032217j:plain