ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

干し昆布と平茸の出汁で豚挽き肉団子と豆腐に青梗菜のスープ

f:id:ricohoney:20181216082634j:plain

 

 

かなり久しぶりに平茸を見つけて買って、それを活かした豆腐のスープを作りたくなった。調味は塩だけで。

他の具は、豚挽き肉団子と青梗菜とアスパラガス。平茸の旨みに加えて干し昆布で出汁を取って、そこに緑野菜を加えてすっきり味わい深い仕上がりにしたい。

 

 

葱、干し昆布。水を適宜注いで煮始める。

 

f:id:ricohoney:20181216082649j:plain

 

豚挽き肉に、塩と黒胡椒を振りかける。

 

f:id:ricohoney:20181216082716j:plain

 

豚挽き肉を団子にしてどんどん加え入れていく。

 

f:id:ricohoney:20181216082819j:plain

 

アスパラガス、青梗菜。

 

f:id:ricohoney:20181216082836j:plain

 

平茸、豆腐。

 

f:id:ricohoney:20181216082859j:plain

 

それぞれの素材から旨みが出て混ざり合ってから、最終的に塩で調味する。

 

f:id:ricohoney:20181216082919j:plain

 

狙い通りに出来た。

 

f:id:ricohoney:20181216082936j:plain

 

 

醤油ローズマリー浸けの骨付き豚肉焼き、フレンチフライ

f:id:ricohoney:20181215053130j:plain

 

 

醤油+ローズマリー+ニンニク+オリーブオイル。これだ、これだ、今日はこれでいこう。とは、どうやって骨付き豚肉を食べようかとなった日の答え。昼前からそれらを擦り込み浸けておいた。

 

 

骨付き豚肉の表面にフォークの先でいくつも穴を開ける。下味がより染み込むように。そして、ニンニクを散らし、ローズマリーを散らし、醤油を垂らし、ローズマリーをかけ回す。

 

f:id:ricohoney:20181215053153j:plain

 

焼く。

 

f:id:ricohoney:20181215053216j:plain

 

同時進行で、ジャガイモの皮を剥いて刻んで、揚げる。

 

f:id:ricohoney:20181215053236j:plain

 

出来た。添えたのは、イタリア産の市販の瓶詰。茸が数種とオリーブが数種と人参やセロリの構成。

 

f:id:ricohoney:20181215053252j:plain

 

 

スパイスで海老とジャガ芋とブロッコリーのカレーに酢キュウリ添え

f:id:ricohoney:20181214062122j:plain

 

 

いつどこで採れてどのくらい冷凍されていたのかわからないビニール袋詰めの海老だけれど、海産物の流通が非常に乏しい当地で手軽に海老を食べようとなったらこれを買う。

それを使って、ジャガ芋とブロッコリーを合わせて、スパイスどっさりでカレーを作る。塩と酢で浅漬けにしておいた薄切り胡瓜を添えて。

 

 

キュウリ。ぱらっと塩、垂らっと酢。よく混ぜ合わせたら、食事時まで冷蔵庫へ。

 

f:id:ricohoney:20181214062159j:plain

 

玉ねぎ、生姜、ニンニク。

 

f:id:ricohoney:20181214062139j:plain

 

菜種油を垂らして、炒め始める。火が通ったら、塩とあらかじめ配合しておいたスパイスをどさっと入れる。

 

f:id:ricohoney:20181214062227j:plain

 

さっと混ぜ合わせ炒め絡めたら、大きめ乱切りジャガ芋を加え入れて、さっと絡め炒める。

 

f:id:ricohoney:20181214062242j:plain

 

水を適宜加えて煮込む。ぐらぐらと煮立ってきたら、ブロッコリーブロッコリーの茎。それらも加え入れて。

 

f:id:ricohoney:20181214062256j:plain

 

各素材から旨みが滲み出て混ざり合い、それをそれぞれがまた吸い上げて。

 

f:id:ricohoney:20181214062312j:plain

 

炊き立ての白飯とともにどかっと盛って出来上がり。

 

f:id:ricohoney:20181214062327j:plain