ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

ブロッコリーの茎とエリンギにモッツァレラチーズ包みパン

f:id:ricohoney:20171104024540j:plain

 

 

エリンギを買ってきた。買えたのだ。普段の行動圏内にある店ではエリンギを買えることはない。由って、まずは有難くただ焼いただけでその風味をじんわりしみじみと味わった。

さて、残りの1つはどうしよう。これもいいよね、これはすごくいいよね、との印象を深く刻むに至る作りに使いたい。合わせるのは何だ。油を含んだエリンギの小気味いい反撥のある歯応えには、そうだ、ブロッコリーの茎を細かく刻んで生でいこう。

それにモッツァレラチーズも合わせて、チーズが焼け溶けてあふれ出す感じも加味したい。結果、素晴らしい出来。

 

 

ボウルに、小麦粉、塩、オリーブオイル。カップに、イースト、ぬるま湯。

 

f:id:ricohoney:20171104024605j:plain

 

ボウルの中をざっと混ぜ、ぬるま湯に溶かしておいたイーストを注ぎ、混ぜて、捏ねて、丸めて、まとめて。

ボウルごとビニール袋をかぶせて、1時間ほどそのままで発酵を促す。

 

f:id:ricohoney:20171104024627j:plain

 

その間に、具の用意をしよう。ブロッコリーの茎、そしてエリンギ。

 

f:id:ricohoney:20171104024649j:plain

 

どちらも細かく切ったら、ぱらっと僅かに塩を振り入れ、オリーブオイルもほんの少し垂らして、軽く揉み合わせるように混ぜる。そして冷蔵庫へ。

 

f:id:ricohoney:20171104024709j:plain

 

生地を12個にちぎり分ける。

 

f:id:ricohoney:20171104024728j:plain

 

ひとつずつ押しつぶして適当に円形に伸ばし広げ、中央に冷やして馴染ませておいた具を12等分してのせる。ここで、モッツァレラチーズも。エリンギだかモッツァレラチーズだか、見紛う状態。

 

f:id:ricohoney:20171104024753j:plain

 

生地の端から寄せ集めて捩じり押して結び、結び口を下面にして天板に並べる。鋏で深めに十字に切り込みを入れる。

生地を乾かさないようビニール袋または布をかぶせて、20分ほど休ませ緩ませる。

 

f:id:ricohoney:20171104024815j:plain

 

予熱しておいた180度のオーブンまたはオーブントースターで、13分ほど焼いて出来上がり。機種やチーズの焼け溶け具合の好みによっては、所要焼き時間を増減させる。

 

f:id:ricohoney:20171104024840j:plain

 

 

材料:(12個)

【生地】

小麦粉 カップ2

塩 スプーン(小)1/3

オリーブオイル スプーン(大)1

イースト スプーン(小)2/3

ぬるま湯 カップ1弱

【具】

ブロッコリーの茎 カップ1/3~1/2

エリンギ 大きめ1

塩 僅かにひとつまみ

オリーブオイル スプーン(小)1

モッツァレラチーズ スプーン(大)4

 

 

乾燥バジルとバターで横広なふわっふわん渦巻きパン

f:id:ricohoney:20171103054721j:plain

 

 

バターがたっぷり。乾燥バジルも個性強めのを使って特有の青臭さと清涼感がずんずん出てくる。その組み合わせでの、横広なふわっふわん食感の渦巻きパン。

忙しい朝にそのまま齧りついても良し。食事に添えても良しなのだ。

 

 

ボウルに、小麦粉、塩、無塩バター、乾燥バジル。カップに、イースト、ぬるま湯。

 

f:id:ricohoney:20171103054740j:plain

 

ボウルの中をざっと混ぜ、ぬるま湯に溶かしておいたイーストを注ぎ、混ぜて、捏ねて、丸めて、まとめて。

ボウルごとビニール袋をかぶせて、1時間ほどそのままで発酵を促す。

 

f:id:ricohoney:20171103054808j:plain

 

生地を12個にちぎり分ける。押しつぶし転がし伸ばして、約30cm長の棒状にする。端からくるくるっと巻き上げて、端を下面に入れて押し付け結んで成形する。

 

f:id:ricohoney:20171103054935j:plain

 

生地を乾かさないようビニール袋または布をかぶせて、20分ほど休ませ緩ませる。

 

f:id:ricohoney:20171103054953j:plain

 

予熱しておいた180度のオーブンまたはオーブントースターで、12~14分焼いて出来上がり。機種や好みの焼き加減によっては、所要焼き時間を増減させる。

 

f:id:ricohoney:20171103055018j:plain

 

 

材料:(12個)

小麦粉 カップ2

塩 スプーン(小)1/2

無塩バター スプーン(大)4

乾燥バジル スプーン(小)1

イースト スプーン(小)2/3

ぬるま湯 カップ4/5

 

 

葱と黒胡椒入りの麺を作って、骨付き豚肉の出汁でスープ麺

f:id:ricohoney:20171101004818j:plain

 

 

夕食は家で取らないと思っていた、そんなつもりでいた夕刻のこと。出掛ける予定が急遽変更になって、どうしよう。すぐに作れる麺で凌ごうか。

 

 

それならそうと、冷凍庫から骨付き豚肉を出してきて、凍ったまま鍋に入れ、水を入れて茹で始める。

 

f:id:ricohoney:20171101004853j:plain

 

ボウルに、小麦粉、塩、分葱、黒胡椒。カップに、ぬるま湯。こうして麺を作り始める。

ボウルの中をざっと混ぜ、ぬるま湯をゆっくり注ぎながら馴染ませて、捏ねると言うより滑らかに合わせられたらその程度で生地としていい。

 

f:id:ricohoney:20171101004933j:plain

 

鍋で茹でていた骨付き豚肉を取り出して、骨周りを切ったらすぐに骨を鍋に戻して煮出す。身は適当に小さく切って、鍋に戻して一緒に煮る。ここで人参も加える。

と、こうしている時間が生地の休ませ時間となった。そうしたらすぐに押しつぶして伸ばし広げ、4mm幅ほどに切り分ける。長さが揃っていないなど気に留める点ではない。不揃いがいいのだ。

 

f:id:ricohoney:20171101004954j:plain

 

別鍋で麺を茹でる。骨付き豚肉を茹で煮ているほうには、マッシュルームと乾燥若芽を加えてさっと煮る。

 

f:id:ricohoney:20171101005020j:plain

 

茹で上げた麺を加え、そして味噌を溶き入れて出来上がり。器に盛ったら、七味唐辛子を振りかけて。

 

f:id:ricohoney:20171101005037j:plain