ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

海老とジャガ芋を豚スペアリブ風味トマトソース煮、牛肉オーブン塩焼き

f:id:ricohoney:20180925005328j:plain

 

 

魚介とジャガ芋の煮物と、牛肉のオーブン焼きと。それを一皿に盛り合わせての、わが家ではかなり好評な夕食。

煮物は、これは旨い。豚スペアリブの風味がぎっちり詰め込まれたトマトソースで煮込んでいるのだ。海老とジャガ芋にまとわりつく豚スペアリブとトマトの味わい。旨くて唸る。

今回用意した牛かたまり肉は、薄切りにしてステーキもしくはバーベキューにしたらそれだけでも唸る旨さなのだけど、じっくりじわじわオーブン焼きにして焼き煮汁の旨みを堪能したい。

 

煮込みに使った豚スペアリブ風味のトマトソースとは、2日前の記事『豚スペアリブをローズマリーとニンニクでトマト煮、レモンじゃが芋』で。 ↓

 

ricohoney.hatenablog.com

 

 

骨付きの牛かたまり肉。

 

f:id:ricohoney:20180925005347j:plain

 

後々切り分けるので、そうする時の厚みにあらかじめ切っておく。ここで塩を擦り込む。味付けは塩のみ。これが肝心。そして容器にアルミホイルをきっちりかぶせて、オーブンへ。

 

f:id:ricohoney:20180925005432j:plain

 

オーブン焼きしている間に、煮込みを始めよう。玉ねぎを刻んで鍋へ。そこに、豚スペアリブトマトソースを保存していた中から脂のかたまり(牛脂)を掬い取って加え入れる。そして炒めていく。

 

f:id:ricohoney:20180925005454j:plain

 

大きめ乱切りにしたジャガ芋を加え入れて、表面に玉ねぎ風味が加わった脂が絡み付くようさらにさっと炒める。

 

f:id:ricohoney:20180925005512j:plain

 

トマトソースを加え入れる。塩その他どれも調味料の添加は無し。

 

f:id:ricohoney:20180925005533j:plain

 

ジャガ芋が煮えたら、海老を加え入れる。ぐるっと混ぜ合わせたら火を止めて蓋をして、暫くそのままで。

 

f:id:ricohoney:20180925005558j:plain

 

じっくり低温でじわじわオーブン焼きしていると、これくらい焼き煮汁が出来てくる。

 

f:id:ricohoney:20180925005624j:plain

 

取り出して切り分けたら、容器に戻す。そして焼き煮汁を吸い上げさせるように。

 

f:id:ricohoney:20180925005647j:plain

 

今度はアルミホイルはかぶせずに、再びオーブンで上部表面だけを焼き付ける。

 

f:id:ricohoney:20180925005706j:plain

 

薄切りにして塩と酢で和えたラディッシュ、青臭く苦いディルとパセリ。それらとともに、どかっと盛って出来上がり。

 

f:id:ricohoney:20180925005723j:plain

 

 

スイスチャードにその他野菜を山盛りのじっくり塩油炒め

f:id:ricohoney:20180924020046j:plain

 

 

ある日の昼食。塩と油で、それらを絡めて吸い上げさせて野菜を山盛り食べたい。そんな気分での炒め物。スイスチャード(不断草)が主役と始めたけれど、どれも主役級の美味さになった。

 

 

スイスチャード、ブロッコリー、玉ねぎ、オレンジパプリカ、そして庭から採ってきた黄ズッキーニ。

 

f:id:ricohoney:20180924020107j:plain

 

どれもざっくざっく刻んで。

 

f:id:ricohoney:20180924020126j:plain

 

塩を振り、オリーブオイルを垂らして、炒め始める。強火にはしないでじっくりゆっくり。

 

f:id:ricohoney:20180924020143j:plain

 

各野菜からの旨みが滲み出て、塩と油に混ざり、それをまた各野菜が絡め吸い上げて、じっくりゆっくり炒めで満足の仕上がり。

 

f:id:ricohoney:20180924020202j:plain

 

 

豚スペアリブをローズマリーとニンニクでトマト煮、レモンじゃが芋

f:id:ricohoney:20180923014128j:plain

 

 

豚スペアリブをローズマリーとニンニクでトマト煮。こりゃもぉ旨い。それに添えるのは、レモンの絞り汁とバターと牛乳を練り込んだマッシュポテト。そして、黄パプリカと茄子の炒め物冷まし。

 

 

黄パプリカと茄子を、オリーブオイルと塩でゆっくりじんわり炒める。炒めたらさらにしんなりするよう、食事時まで冷ましておく。

 

f:id:ricohoney:20180923014153j:plain

 

煮込みを作り始める。豚スペアリブ、ニンニク、庭から採ってきたローズマリー。ぱらっと塩を振り、豚スペアリブから溶け滲み出る脂を利用して、表面をさっと焼き付ける。

 

f:id:ricohoney:20180923014208j:plain

 

トマトペーストと好みで塩を加え入れ、水は豚スペアリブがかぶり切らない程度に加えて煮込み始める。

 

f:id:ricohoney:20180923014226j:plain

 

ジャガ芋を電子レンジで加熱したら皮を剥く。レモンをたっくさん絞ってかけ回す。

 

f:id:ricohoney:20180923014243j:plain

 

有塩バターを削り入れ、牛乳を注ぎ、レモン汁が染みたジャガ芋をつぶし混ぜる。

 

f:id:ricohoney:20180923014304j:plain

 

トマト煮が出来た。盛りつける際には、豚スペアリブの上に煮汁を少し掛ける程度で。残りの煮汁は別の料理に使うので、容器に入れて冷蔵庫保存しておく。

 

f:id:ricohoney:20180923014329j:plain

 

どかっとすべてを盛り合わせたら、青臭くて苦味のあるパセリをちぎり散らして出来上がり。

 

f:id:ricohoney:20180923014344j:plain

 

 

 

ricodecor.hatenablog.com