ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

チーズとマスタードシード生地にハムをぐる巻き上げパン

f:id:ricohoney:20170801010417j:plain

 

 

小麦粉にマスタードシードばさっと放り込んで、適当に切ったかちぎったかのチェダーチーズを入れて、混ぜて捏ねて生地を作っている間にその成り行き次第でチェダーチーズがいい具合に崩れ散らばって。

だからチェダーチーズはきちんと切っておかなくていいし、しっかり捏ねてその正体がわからなくなるほどには溶け込ませない。ところどころいい加減に散らばっているのが味わいとして面白いから。そういうわけで、捏ねるのはぐるぐる揉みもみっとほんの数分だけでいい。

焼き上がりは、中がふわっとしっとりと、外はわりとぱりっとさらっとめに。そしてたまにマスタードシードの風味と食感が主張するように顔を見せる。マスタードシードのこんな使い方もいいでしょ。

これも朝にたくさん作っておいてスナックにでもと思っていると、いくつか抱えて出掛ける者もいて、我が家ではあっという間になくなってしまうパンのひとつ。

 

 

ボウルに、小麦粉、塩、マスタードシード、チェダーチーズ、オリーブオイル。カップに、イースト、ぬるま湯。

 

f:id:ricohoney:20170801010503j:plain

 

ぬるま湯に溶かしておいたイーストをボウルの粉類に注ぎ、混ぜて、捏ねて、丸めて、まとめて。

↓ こんなふうに、チェダーチーズが適当に崩れてまだどこにあるのか見て取れる程度で捏ね終わり。常識的な基本のつるつるの生地に仕上げる必要はなし。そしてボウルごとビニール袋をかぶせて、1時間ほどそのままで発酵を促す。

 

f:id:ricohoney:20170801010523j:plain

 

生地を12個にちぎり分ける。

 

f:id:ricohoney:20170801010554j:plain

 

ひとつずつ押しつぶしころころ転がしながら25~30cm長の棒状にして、それを適当に押しつぶして平たく薄くし、細切りにしたハムをのせる。

ハムをのせた生地を端から転がして巻き上げ、巻き終わりの端は僅かに下面に折り込むようにして押し付け結ぶ。

 

f:id:ricohoney:20170801010753j:plain

 

巻き上げた生地を天板に並べる。

 

f:id:ricohoney:20170801010825j:plain

 

生地の休ませ緩ませこなれさせ時間を取らずに、すぐに焼いていい。予熱しておいた180度のオーブンで、16分焼く。

 

f:id:ricohoney:20170801010842j:plain

 

 

材料:(12個分)

小麦粉 カップ2

塩 スプーン(小)1/3

マスタードシード スプーン(小)1

チェダーチーズ スプーン(大)4

オリーブオイル スプーン(大)1

イースト スプーン(小)2/3

ぬるま湯 カップ4/5

ハム 約100g~