ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

豚挽き肉に挽き割りレンズ豆バーグ、海老のトウモロコシ粉揚げ

f:id:ricohoney:20170809034237j:plain

 

 

挽き肉を丸めまとめて焼くのは、さぁ今日はどうするんだとなった時に冷蔵庫に挽き肉を見つけたら即決する我が家の定番。

この日は、豚の挽き肉。盛り合わせ飯とするのを前提に、どんなふうに丸めまとめるか。玉ねぎのみじん切り、そこにスパイスのクミンを使って、挽き割りレンズ豆を多めに混ぜよう。白飯とともにどかっと合わせ盛るのは、縮緬キャベツのアップルサイダー漬けと、トウモロコシ粉で海老を揚げたのにした。

そこに唐辛子をどっさり刻んで椰子油と混ぜた甘味噌ソースを付けたら、熱帯暮らしにおいて路地裏の屋台で買い食いしていた、油紙一枚に仕切りなしでぶち込まれて包まれた持ち帰り飯みたいだなあと懐かしくなった。

 

縮緬キャベツを千切りにして、塩をぱらっと振ってから軽く揉み合わせる。アップルサイダーを注いで混ぜて、食事時まで冷蔵庫へ。

 

f:id:ricohoney:20170809034304j:plain

 

豚挽き肉の丸めまとめ焼きの用意。豚挽き肉、みじん切りの玉ねぎ、水に浸して戻しておいた乾物の挽き割りレンズ豆、塩、クミン。挽き割りレンズ豆は下茹でしておいてもいいが、水に浸して戻したならば生で混ぜても十分に火が通る。

混ぜ合わせて、適当な大きさに丸めまとめたら、フライパンに並べて、火を点ける。豚挽き肉から溶け滲み出てくる脂を利用して焼くから、油は引かずに焼く。

 

f:id:ricohoney:20170809034347j:plain

 

ボウルにトウモロコシ粉とひとつまみの塩を入れ、もったりとろっとするよりも水っぽい状態にまで水を少しずつ加えて溶く。フライパンの底がやっと覆われる程度の少ない油(今回は菜種油)を入れ、よく熱する。この間に、溶いて作った衣をこなれさせたい。

フライパンの油がよく熱されたら、衣に海老しっかり潜らせて纏わせて、表面がかりっとするまで揚げる。

 

f:id:ricohoney:20170809034557j:plain