ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

干し葡萄と雑穀のベーグル

f:id:ricohoney:20170811000242j:plain

 

 

ベーグル。ユダヤ系のパンを代表する存在のベーグルだけど、世界中に広まっているから多様性があるのよね。北米に暮らしている今、身近にいるユダヤ系の人々(わりと最近の移民)に聞いても、その出身地によって作り方の要や形状や食感が異なる。だから日本に伝わって定着しているのはその1つ。

そして今回作ったこれも、1つの例に過ぎない。我が家でもベーグルとしていろいろ作っているから。我が家における基本中の基本のレシピはまたいつかとするとして、ここでは干し葡萄と雑穀のベーグルを。

 

ボウルに、小麦粉、塩、 砂糖、干し葡萄、雑穀。カップに、イースト、ぬるま湯。 ぬるま湯に溶かしておいたイーストをボウルの粉類に注ぎ、混ぜて、捏ねて、丸めて、まとめて。

 

f:id:ricohoney:20170811000312j:plain

 

雑穀と干し葡萄が水分を吸い上げるから、やや硬めの生地になっているような気がするかもしれないが、これで大丈夫。ボウルごとビニール袋をかぶせて、1時間ほどそのままで発酵を促す。

 

f:id:ricohoney:20170811000333j:plain

 

発酵して膨らんだ生地をパンチパンチパンチと叩きつけて押しつぶして、数分間ひととおり捏ね直す。

生地を12個にちぎり分ける。押しつぶし転がしながら20cm~長の棒状にして、くるっと捻り捩じりながら端と端を押し付け結んで成形する。

 

f:id:ricohoney:20170811000457j:plain

 

鍋に湯を沸かし、蜂蜜を入れ、生地を茹でる。ぽこぽこっと小さい泡がゆっくり浮かんでくる程度の弱火~中火で片面1分ずつ。

 

f:id:ricohoney:20170811000518j:plain

 

予熱しておいた180度のオーブンで、13分焼く。

 

f:id:ricohoney:20170811000534j:plain

 

 

材料:(12個)

小麦粉 カップ3

塩 スプーン(小)1/3

砂糖 スプーン(小)1

イースト スプーン(小)2/3

ぬるま湯 カップ1と1/4

干し葡萄 スプーン(大)3

雑穀 スプーン(大)3

茹で用の湯 1リットル

茹で用の蜂蜜 スプーン(大)1