ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

遠方でアラバマ風バーガーそして牛肉サモサ

f:id:ricohoney:20170824004903j:plain

 

 

アラバマ州の料理と言ったらなんとなく思い描けはするけれど、そこのハンバーガーだったらとなれば他との違いと特徴をはっきりと言い表せるまでは知らない。

久しぶりに立ち寄った精肉店で、アラバマ風に仕立ててあるというバーガーパテを買った。混雑していたので、どこがどうという質問はできないままに。

そしてそこからオーガニック専門店にも行き、ずいぶんと大きなサモサを買った。これは牛肉サモサだが、北米のオーガニック志向の人たちが喜びそうな作り。いかにもそんな感じ。これはこれで良し。土地柄や志向や嗜好によって作りは変化していくものだ。

昨今の私の日常は慌ただしいのだ。家探しその他が望みに反して進んでいない。家の内覧をしに行った帰りに、惹かれる店で適当に買い揃えて夕食とする頻度が上がっている。

この日はこうなった。キュウリを薄切りにして塩とアップルサイダー和え、緑パプリカのピーナッツオイル炒め、パン店で買ったバンズに精肉店で買ったアラバマ風のパテを焼いて挟んだバーガー、オーガニック専門店で買った牛肉サモサ、庭から採り集めた葉物ぶちこみバルサミコ酢サラダ。

 

 

キュウリを斜めに薄切りして、ぱらっと塩、どぼどぼっとアップルサイダー。軽く揉み合わせて、食事時まで冷蔵庫へ。

 

f:id:ricohoney:20170824010756j:plain

 

緑パプリカを細切りして、ピーナッツオイルで炒める。ところどころ焦げができるくらいまで。

 

f:id:ricohoney:20170824010821j:plain

 

牛肉サモサ。中身の牛肉の量はとても多い。ほんの少しだけジャガ芋という割合。辛さは抑えてあって、各種ハーブ入りで(生地)皮に凝っている。

 

f:id:ricohoney:20170824010945j:plain

 

アラバマ風だというバーガーパテ。見ればわかる材料の他は、ずいぶんと複雑な構成。そんな匂い。察しを付けるのが難しい。

焼いてる。素晴らしく誘われる光景。

 

f:id:ricohoney:20170824010922j:plain