ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

ターメリックとマスタード種にオリーブオイルで茄子パプリカ

f:id:ricohoney:20180101060943j:plain

 

 

こちらはまだ2017年を生きているのだけど、この記事は2018年初めとして表示されるだろうからそのつもりで、ちょこっと食べる時の我が家らしいごちゃ混ぜの皿でいく。

 

 

玉ねぎ、茄子、緑パプリカ、ニンニク。これにオリーブオイルをたっぷり垂らして、炒め始める。

 

f:id:ricohoney:20180101061002j:plain

 

すんなりイタリアっぽくというか地中海からいきそうだけれど、ここで急展開で、塩、ターメリックマスタードの種を放り入れる。我が家のことだからして唐突にインド方面を向くのだ。

 

f:id:ricohoney:20180101061019j:plain

 

ターメリックが溶け込んだオリーブオイルが野菜の表面にすっかり絡んだら、少し水を加えて煮るようにして、水けを飛ばして仕上げる。

 

f:id:ricohoney:20180101061038j:plain

 

皿に盛ったら、豆腐を添えて鰹節をのせて。豆腐に鰹節だぞ、基本の和を一寸。それでも脇には、どっさりのフェヌグリークとコリアンダー。これでまたさらにインド方面に向いたのだけれど、豆腐にも生葉にもオリーブオイルをちょっと垂らして、地中海に振り返る。遍歴反映のごちゃ混ぜ我が家スタイル。

 

f:id:ricohoney:20180101061053j:plain