ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

15分でできるトウモロコシ粉100%醤油風味スナック

f:id:ricohoney:20180119031414j:plain

 

 

トウモロコシ粉(コーンフラワー)100%の生地。今回は風味付けに醤油を使っているが、醤油を使わずに塩と黒胡椒だけにするとか小麦を原料としていない醤油の類を使うならば、グルテンフリー食だ。

カップ1の量のトウモロコシ粉なので、その材料を用意するところから仕上がりまでが15分でできる。我が家では思い付いたらすぐ作っている。

15分でできるこの類のスナックはシリーズでたくさんあるが、まだこの他に1つしか記事にしていない。これからどんどん進めるべしだな。『15分でできるコーンチップスを海老カレーに添えて』。 ↓

 

ricohoney.hatenablog.com

 

 

ボウルに、トウモロコシ粉、ベーキングパウダー、塩、黒胡椒、醤油、分葱。カップに、水。

 

f:id:ricohoney:20180119031445j:plain

 

ボウルの中をざっと混ぜ、水を注いでからぐるぐるっと大雑把にさっと混ぜ、ぎゅっと合わせまとめる。

まとめると言っても、まとまっているように見えるだけで、触れればすぐにさらさらほろほろ崩れてしまうような状態。それでいいのだ。

これを台の上で麺棒その他で延ばす、それを崩し壊さないように取るのは慣れないうちは困難だ。それもそうだが成形を手の平で済ませてしまう方がずっと簡単だし、手早く進められる。小さな団子くらいの量をちぎり取ったら手の平に載せ、両手の間で押しつぶすようにしてほぼ楕円形または木の葉のように成形する。

 

f:id:ricohoney:20180119031508j:plain

 

フライパンの底がやっと覆われる程度の少ない量の菜種油を入れてよく熱し、次々と生地を入れて揚げていく。

 

f:id:ricohoney:20180119031530j:plain

 

かりんかりんまでしっかり揚げてもいいし、火は通っているがそれでも芯が僅かに揚げ切られていないようなしっとり感を残した仕上げも宜しい。それはその時々の好みで。

 

f:id:ricohoney:20180119031554j:plain

 

 

材料:(4~5cm長の木の葉形30枚~)

トウモロコシ粉(コーンフラワー) カップ1

塩 ひとつまみ

黒胡椒 ふたつまみ

醤油 スプーン(小)2

分葱 スプーン(小)1~2、細かくちぎり切った状態で

水 カップ1/3~1/2

菜種油 カップ~1/4、揚げに使うフライパンの大きさにもよる