ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

牛挽き肉をフライパンで混ぜて焼いて切って平パン焼いて巻く

f:id:ricohoney:20180302024105j:plain

 

 

牛挽き肉をフライパンで混ぜて切って平パン焼いて巻く。と、そう書いた通りそのまんま。牛挽き肉はボウルなどを使って混ぜ捏ねるではなく、そうした工程から焼き終わりまでをフライパンの中で済ませてしまう。

平パンはもうひとつのフライパンで同時進行で焼いて、それにパプリカ和えと牛挽き肉焼きをぐるっと巻いて、オーブン焼きしたジャガ芋を添えて。

 

 

赤パプリカ、黄パプリカ、分葱。ぱらっと塩を振り、ぎゅぎゅっと混ぜ合わせて、食事時まで冷蔵庫へ。

 

f:id:ricohoney:20180302024120j:plain

 

ジャガ芋の皮を剥き、切り割って、天板へ。ぱらっと塩、垂らっとオリーブオイル。表面に擦り込み塗り付けて、オーブンで焼く。

 

f:id:ricohoney:20180302024139j:plain

 

牛挽き肉、分葱、マスタードシード、塩。それらをフライパンに入れ、ざっと混ぜ合わせる。

 

f:id:ricohoney:20180302024202j:plain

 

フライパンいっぱいにほぼ均等に均し、焼き始める。溶け滲み出てくる脂を利用して焼くので、油を引く必要は無し。

 

f:id:ricohoney:20180302024219j:plain

 

牛挽き肉の下面(フライパンに接している面)焼けて来たら、欲しい数分に切り分ける。私はナイフでフライパンを傷つけることなくそっと切り分けているが、シリコンのスパチュラなどを使うなら心配無用か。

触れても崩れないくらいにしっかり焼け固まったら、ひっくり返して両面を焼く。

 

f:id:ricohoney:20180302024238j:plain

 

ジャガ芋が焼けた。

 

f:id:ricohoney:20180302024258j:plain

 

平パンが焼けた。生地にはパルメザンチーズとタイム入り。

 

f:id:ricohoney:20180302024318j:plain

 

ぐるっと巻いて食べる。

 

f:id:ricohoney:20180302024335j:plain

 

 

フライパンで焼き仕上げるパルメザンチーズとタイムの平パンの作り方は、明日の記事で。