ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

フライパンで焼く小麦粉にパルメザンチーズと乾燥タイムの平パン

f:id:ricohoney:20180303032041j:plain

 

 

パルメザンチーズと乾燥タイムを混ぜ入れた生地のフライパンで焼く平パン。この配合の生地に限らずこの類の平パンはオーブンが無くてもフライパンで仕上げるから、どの国のどんな地域に暮らしていても気軽に作れていた。

今回これをどんなふうに食べたのかは、前記事『牛挽き肉をフライパンで混ぜて焼いて切って平パン焼いて巻く』で。 ↓

 

ricohoney.hatenablog.com

 

 

ボウルに、小麦粉、塩、パルメザンチーズ、乾燥タイム。カップに、イースト、ぬるま湯。

 

f:id:ricohoney:20180303032102j:plain

 

ボウルの中をざっと混ぜ、ぬるま湯に溶かしておいたイーストを注ぎ、混ぜて、捏ねて、丸めて、まとめて。じっくりしっかり捏ねる必要はなく、合わせまとまった程度でいい。

 

f:id:ricohoney:20180303032122j:plain

 

ボウルごとビニール袋をかぶせて、1時間ほどそのままで発酵を促してこんなふう。

 

f:id:ricohoney:20180303032143j:plain

 

生地を16個にちぎり分ける。

 

f:id:ricohoney:20180303032202j:plain

 

ひとつずつ押しつぶして薄く伸ばし広げる。円形を目指して伸ばすが、それとは程遠い形になってもそれはそれでいい。

 

f:id:ricohoney:20180303032225j:plain

 

よく熱したフライパンで、油を引かずに(!)、片面ずつひっくり返して両面を焼く。さっと焼けばやわらかく、しっかり焼けばぱりっとばりっとな仕上がりになる。

 

f:id:ricohoney:20180303032240j:plain

 

焼き上げたらどんどん積み重ねる。この時は粗熱が取れる前にビニール袋をかぶせて、ちょっと蒸らす感じにした。

 

f:id:ricohoney:20180303032302j:plain

 

 

材料:(16枚)

小麦粉 カップ2

塩 ひとつまみ

パルメザンチーズ スプーン(大)4

乾燥タイム スプーン(小)1/2~1

イースト スプーン(小)2/3

ぬるま湯 カップ4/5