ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

バルサミコ煮込み牛ハンバーグと切り干し大根炒め煮で玄米盛り合わせ飯

f:id:ricohoney:20180421010409j:plain

 

 

ケチャップとバルサミコ酢で煮込んだ、牛挽き肉ハンバーグ。これも例に違わず、具材の合わせや調味から成形、そして焼き煮込み終わりまでをフライパンの中で一貫して済ませてしまう作り方。

そして。切り干し大根とブロッコリーと人参を、切り干し大根出汁と醤油で炒め煮。玄米と白米の炊き合わせ飯。それらで構成された、この日の盛り合わせ飯。

 

 

玄米(ブラウンライス)を水に浸しておく。切り干し大根も水に浸して戻しておく。切り干し大根を浸している水は、炒め煮の出汁として利用する。

 

f:id:ricohoney:20180421010436j:plain

 

玄米(ブラウンライス)と白米を好きな割合で合わせて、鍋に水を適宜注いで、炊く。

* 歯の抜け生えかわり時期の子どもに所望されて、写真にあるこの日の炊き上がりはかなりやわらかい。

 

f:id:ricohoney:20180421010501j:plain

 

牛挽き肉、刻んだ分葱、挽きたて黒胡椒。そこに、ほんの少し塩。

 

f:id:ricohoney:20180421010521j:plain

 

これをフライパンの中で混ぜ合わせて、成形して、並べる。この日は家族が揃わない夕食で、ひとつが260gほどのを4つだけ。

 

f:id:ricohoney:20180421010542j:plain

 

フライパンを火にかけて、じっと見るだけでほどんど放っておきながら、ひっくり返して両面を焼く。

そうしたら、ケチャップ、バスサミコ酢、水、それらを好みの量で加え入れて煮込み始める。

 

f:id:ricohoney:20180421010610j:plain

 

牛挽き肉から溶け滲み出た脂と旨みに調味料が加わってできたソースを、スプーンで掬ってハンバーグにかけ回しながら、宜しいと感じたところで出来上がり。

 

f:id:ricohoney:20180421010627j:plain

 

同時進行で、炒め煮を。ブロッコリー、人参、切り干し大根。菜種油を垂らして、ぱらっと塩を振り、炒め始める。

 

f:id:ricohoney:20180421010643j:plain

 

切り干し大根を浸していた水を出汁として加え入れ、水けがなくなったらほんの少し醤油を垂らして、さっと混ぜ炒めて仕上げる。

 

f:id:ricohoney:20180421010702j:plain

 

どれもどかっと盛って、盛り合わせ飯。

 

f:id:ricohoney:20180421010717j:plain

 

 

 

記事中で、歯の抜け生えかわりという話題が出たが、その子が塗り仕上げた寝室B(子供部屋)の壁塗装の模様に興味があれば、ぜひホームデコールブログのこの記事『寝室B、子供が塗り仕上げたブルー&ゴールドで古い文様の壁』へ。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com