ダプールパーネ台所ノート

パンを焼きスパイスを振る台所 旅して暮らした各地での美味しい記憶を我が家の日常の食卓へ

イタリアのピエモンテ牛をオーブン焼きして人参の蜂蜜バター煮添え

f:id:ricohoney:20181221052216j:plain

 

 

イタリアのピエモンテ牛ってどんなに旨かったっけ!?となるくらいおそらく久しぶりで、今年も終わりそうになってから今年初のこと。ピエモンテ牛をじんわり火が通った玉ねぎの旨さで囲んでオーブン焼きする。

それに添えるのは、人参の蜂蜜バター煮。どうしてこれを合わせることにしたかってそれは私の好物だからだ。

 

 

容器にどかんとピエモンテ牛。塩を振り、黒胡椒を挽いて振りかける。

 

f:id:ricohoney:20181221052234j:plain

 

玉ねぎを周りに敷き詰めて、白ワインを垂らし、オリーブオイルを回しかける。アルミホイルをきっちりかぶせて、オーブンへ。

 

f:id:ricohoney:20181221052250j:plain

 

牛肉に半ば火が通っただろう頃合いで、乱切りのジャガ芋を加え入れる。そしてまたアルミホイルをかぶせてオーブンへ。

 

f:id:ricohoney:20181221052309j:plain

 

ジャガ芋に火が通ったら、ピエモンテ牛を取り出して切り分け、また容器に戻す。そして今度はアルミホイルを取り外した状態で、再びオーブンへ。

 

f:id:ricohoney:20181221052330j:plain

 

ここから同時進行で刻んだ人参を鍋に入れ、かぶるくらいに水を適宜加えて、蜂蜜を垂らして、茹でる。

 

f:id:ricohoney:20181221052350j:plain

 

ほとんど水分がなくなってきたら、有塩バターそしてほんの少しまた蜂蜜を加えて。(無塩バターの場合は、塩をひとつまみふたつまみ添加する。)すっかりしっかり煮絡めるようにして仕上げる。

 

f:id:ricohoney:20181221052411j:plain

 

牛肉の縁がかりっと香ばしく焼けた。

 

f:id:ricohoney:20181221052425j:plain

 

さあ盛り合わせよう。黄パプリカと赤パプリカをオリーブオイルを垂らしてさっと焼いたものも添えて。

 

f:id:ricohoney:20181221052440j:plain

 

 

 

ホームデコール雑記ブログもやってます。 ↓

 

ricodecor.hatenablog.com